ネイルモデルの爪が折れた場合-爪のリペアについて

ネイルモデルの爪が折れた場合ですが、
検定まで日数があるときは、
伸びてくるまで、待つしかありません。

他の指が折れないように、
練習が終わったあと、
ジェルで保護をするとか、
モデルさんに毎日保湿をしてもらうなどの、
モデルさんに協力をしてもらうことを含めて、
改めて、折れないように、
万全の注意をすることが必要です。

折れた原因を知っておくことも大切で、
外的な原因なのか、
モデルさんの爪が折れやすかったり、
薄くて折れたのかで、
対策も変わってきます。

検定まで時間的な余裕がない場合、
当日の朝とか、前日の夜などの場合は、
どうしたらよいでしょうか。

ネイル検定の規定では、
リペアは2本までと決められています。

逆に言うと、2本まではリペアが
認められているということです。

最も確かな方法は、通っているネイルスクールの講師に、
リペアをしてもらうことです。

スクールの講師はリペアの技術もあるので、
安心して任せられるし、
リペアのあとの仕込みも、
指導してもらえます。

スクールに通っていなかったり、
スクール講師がつかまらない場合は
どうすればよいでしょうか。

1つはサロンに行って、
リペアや補強をお願いすることです。

お金はかかりますが、
リペアをしてもらえれば、
検定受験には支障はありません。

問題はそのサロンに行くのが
初めての場合、
サロンネイリストの
リペア技術が不足している場合があります。

個人サロンだと、検定資格を持っていない
ネイリストがやっている場合もあるからです。

ただ、ネイルサロンも商売なので、
技術的に心配があっても、
できないとは言いません。

できが不十分でも、
問題なしと言うでしょう。

その状態で前日の仕込みをすると、
最悪の場合、事前審査で減点対象に
なる場合があります。

ネイル検定の内容を理解していて、
リペアができて確かな技術を持っている
認定ネイルサロンの、認定講師の資格を持っている
ネイリストさんに、リペアを
やってもらうと安心です。

ネイルスタジオ道玄坂では、
検定前日のリペアにも、対応しています。

ネイルスクールの現役講師が
リペア対応をするので、
事前審査で減点対象になるようなことは
ありません。

リペアは、1本1,000円から
承っています。

連絡はお問い合わせから、送って下さい。

【お客様の声】
リペアをしてくださった先生が、リペアだけでなく、
検定のことなど、ていねいにいろいろと教えてくださったので、
おどろきと、わかりやすさで勉強になりました。
また使用させていただきたいと思いました。
静かだったので、集中できました。
(Y.K.さま)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする